ウィザス支部(塾 第一ゼミナール、個別指導ファロス、他)

ウィザス支部は、2014年10月、個別指導部門・ファロス個別指導学院でのパワハラや不適切な運営等の是正を求め、 ウィザスで働く全ての人が、働く上での不安や心配を抱えることなく、 全力で働ける環境作りを目指して、大阪教育合同労働組合に複数のウィザスの社員が加入することによって結成されました。集団指導塾の第一ゼミナール、個別指導塾のファロス個別指導学院、その他株式会社ウィザスの様々な部門で働く、全ての人の労働環境向上のために活動しています。そして、全ての学習塾で働く皆さんのためにも活動する労働組合でありたい、と考えています。

現在に至るまで、
・過重労働の是正と適正な運営への転換
・パワハラ、セクハラの弾圧と再発防止
・適切な休日出勤、時間外労働の対価の申請ができる状態の形成
・不当な雇い止めの阻止
・上長の部下への適切なバックアップ、支援の要請
などの要望を実現してきております。

また、
・透明性の高い評価制度の実現
・納得度の高い評価の提示
・人材登用の質の向上
など、今後も社員がより働きやすくなる組織を目指しております。

ブラック企業のノミネートに塾業界が入ってしまう現代の日本社会の中で、ウィザスが、そして塾業界が「ブラック」と言われないように取り組んで参ります。

塾で頑張っている皆さん、もしなにか気になること、困ってること、悩んでることがあれば、些細なことで結構です。是非ご相談ください!

大阪教育合同労働組合ウィザス支部(ウィザス労働組合)

生徒第一…だから 第一ゼミナール

労使協定なし、労働基準法違反の疑いあり!

ウィザス支部は36協定締結等に関する団体交渉を申し入れ、現在団交が継続している。