神戸第一高等学校(スバルが丘学園)

神戸第一高校で争議勃発-労働委で係争

 2019年初め、神戸第一高校で働く教職員から相談が入った。常勤講師及び時間講師が雇止めの通知を受けたこと、部活動について早出出勤・休日出勤があるにも関わらず時間外手当が支給されていないことなどであった。

 その後、雇止めが撤回され、2019年度に契約更新が行われることになったが、その理由は明らかにされなかった。しかし、雇用不安解消及び労働条件改善を実現するために6名が組合に加入して団体交渉を求めることとした。

学内での団交を拒否する

同年3月、組合は雇止め通知を行って組合員を不安に陥れたことへの謝罪、時間外手当の支給等を要求して、団体交渉を申し入れた。

これに対して学園は、団交場所を学外とし、時間を制限し、事前に団交出席者名簿を提出するならば団交に応じると対応してきた。

団交ルールが決められていない中で、団交を開催するについては労使対等で時間や場所について協議しなければならないところ、学園は一方的に団交開催条件を設定してきたのである。

組合は、このような学園の不誠実な姿勢を糾弾するとともに、組合員が団交に参加しやすいように、また部活動顧問の業務を行っている組合員は不慮の事故や緊急事態等に対応するために学内にいることが望ましいことから、学内での団交開催を求めた。しかし、学園は学内では一切団交をしないとの態度に固執して団交開催に応じなかった。

労働委への申し立て

やむなく組合は同年6月、学園の対応は団交拒否にあたるとして大阪府労働委員会(府労委)に救済申し立てを行った。

府労委の調査過程で、学園は別組合とは学内で団交を行っていた事実が判明した。このこともあって、府労委は就業時間外に学内で団交を行ってみてはどうか、というあっせんを行った。組合は、府労委のあっせんを受け入れたが、学園は頑として学外団交にこだわり、ついに証人尋問を行うこととなった。

2020年4月15日から校長・教頭などへの尋問が開始される。

 府労委に提出された書面

・組合申立書     2019.6.3

学園答弁書     2019.6.17

・組合-準備書面(1) 2019.7.29

・組合-準備書面(2) 2019.9.3

・学園-準備書面(1) 2019.9.3

組合-準備書面(3) 2019.10.8

・学園-準備書面(2) 2019.10.15

・組合-準備書面(4) 2019.12.13

・学園-準備書面(3) 2019.12.13

・組合-準備書面(5) 2020.1.24

・学園-準備書面(4) 2020.1.24

・組合-準備書面(6) 2020.2.27

・学園-準備書面(5) 2020.2.28

・学園ー証人陳述書: 原潤之輔校長+岸本二郎教頭、 村上雅彦法人局室長

学園は村上証人が退職したという理由で証人申請を取り下げた。しかし、陳述書は取り下げなかったため、組合は村上陳述書への質問・反論の準備書面を提出した。

組合-準備書面(7) 2020.7.21

コロナ感染予防のために延期されていた第1回審問が7月6日に開催された。原校長及び岸本教頭に対して学園からの主尋問が行われた。

第1回審問速記録

両名に対する組合からのキツイ反対尋問は8月26日(水)15時から行われる。

プール学院中高

賃金カットの説明もせず 不誠実な対応 府労委申し立てへ

19年11月に最大14%とにもなる賃金カットを一方的に理事長(兼校長)から告げられたことから、プール学院で働く非常勤講師たちが組合に加入し、学院にその撤回を求めて団体交渉を行いました。

非常勤講師たちが組合加入してまで求めたことは、賃金カットの必然性に対する丁寧な説明でした。あろうことか、これほどに重要な変更を学院は口頭でしか説明しなかったからです。しかし、2回に渡り行われた団交に理事長は出席することはなく、代わりの出席者も何ら具体的な説明もせず、賃金カットは既定路線である姿勢を崩すことはありませんでした。そして、団交最中にもかかわらず全ての非常勤講師に対して20年度からの賃金カットを示したのです。

賃金は最も重要な労働条件です。大幅カットの理由をただ単に経営状態が悪いとしか説明せず、具体的な資料も提示しないとした学院の不当労働行為を組合は20年3月30日、労働委員会に申し立てました。

組合申立書

学院答弁書

大阪夕陽丘学園高校(大阪夕陽丘学園)

大阪高等学校(大阪学園)

天王寺学館高等学校(天王寺学館)

組合員が働く私学(現在および過去)

早稲田大阪学園、大阪国際学園大和田中学、箕面自由学園、大阪信愛女学院、桃山学院、瀧川学園、仁川学院、神戸野田学園、神戸ドイツ学院