エール学園支部(日本語学校)

日本語教師という仕事 〜いっしょに声をあげましょう

2005年度末、次期契約において従来の専任のうち、ひとりの解雇と数名の降格が予告されたことを知り、数名の有志で組合に加入してから半年。「団交って何?」というレベルからスタートした私たちが、支部を結成することになりました。
 この間、数度の交渉をしながら、日本語教師として働く意味を考えてきました。学校は教育理念を追求する教育組織であると同時に経営体です。また、そこで働く私たちにとっては、生活の糧を得、自分の能力を活用し、生きがいを得る大切な場所です。そして教育の主人公は何より未来を望む学生たちであり、彼らの貴重な学びの場所です。
 それゆえ多くの日本語教師は「学生のために」「学生の日本語が上手になるように」と日々腐心し、よりよい教育環境を求め、それが後退するときには大きなストレスを抱えることになります。また外的には社会・政治・経済変動の影響も引き受けながら、よりよい教育を求めて働かざるをえません。
こうしたわたしたち日本語教師の心の中に広がる様々な波紋をそれぞれのことばであらわし、みんなで受け止め、適切な方法で学校に伝えていく、そんな地道な活動を続けて行きたいと考えています。ぜひ、先生方の心の声をお聞かせください。そして、いっしょに声をあげていきませんか。

エール学園支部 支部代表


 

コロナ禍でもだまってられへん!
今年度前期給与を全額保証
 2020年4月

 留学生が日本語を学び、進学・就職を目指すエール学園では、2020年度前期の給与が全額保証されました。4月から10月までの総授業コマ数(見込み)を計算し、六等分して払い込まれています。過不足が出れば、9月か10月に調整するそうです。

 ただし、オンライン授業に伴う業務の増加は全く反映されていません。また、日本語学校という性質上、4月の新入生も一時帰国中の在校生も入国できておらず、今後もオンラインが解消される見込みは立っていません。4月生は全員オンラインで授業を受けていましたが、10月入学に変更を希望する学生が続出しています(発行済みのビザの効力は通常3カ月ですが、今回入管は年度末まで有効としています)。一方で10月生や21年の4月生の募集状況については、学校から情報がありません。