だまってられへん! 各支部がコロナ禍で要求

公立・私立の各学校や塾では、6月中旬から通常授業が開始されています。高校ではウェブ授業の研修の過密、教室ではいつも通りの過密、そして変更になった授業や行事で感染対策やさまざまな確認に追われ、教員の労働の内容の過密も深刻です。組合では、団体交渉もコロナ禍でままならない中、各支部で工夫を凝らしながら取り組みを進めてきました。各支部の4月以降の取り組みを振り返ります。  

  豊中支部(公立学校)
  エール学園支部(専門学校)
  南河内支部(公立学校)
  堺支部(公立学校)
  ウィザス支部(塾)